自転車ダイエットのコツ

ダイエットに自転車を活用する場合、普通に自転車をこぐより効率的に脂肪を燃焼させるやり方があるといいます。自転車ダイエットのコツは、自転車に乗る時にひじを軽く曲げて乗るようにしましょう。ひじを曲げて自転車を乗ることで腕の強化にもなり、腕のシェイプアップ効果が得られます。

 

この他にも、ペダルを足でどうこぐかも、ポイントになってきます。ペダルは親指の付け根がペダルの真ん中になるように置くようにしましょう。イメージとしては、つま先でペダルをこぐ感じです。ふくらはぎの筋肉をより強くするためには、つま先でペダルをこいでふくらはぎをよく使うことがカギを握ります。自転車ダイエットを続けるためには、くれぐれもやりすぎないようにしましょう。せっかく気持ちよく自転車に乗ってカロリーを消費する事ができるのです。

 

必ず自転車に乗らなきゃだめとか、最低何㎞は走らなければと考えていると、ノルマがきつく感じるものです。きついことを続けていると精神的な辛さが高まって、辛さを押さえるために食べすぎてしまうということもあります。せいぜい1週間に数日だけダイエットをしようとか、最初は少ない数から始めて、慣れてきてから少しずつ増やしていくようにしましょう。自転車を用いるダイエットは即座に結果が確認できるものではないので、そのつもりで長丁場の取り組みを行いましょう。